鼻血と血の気の多さは無関係、鼻血と血圧の高さは関係する[本当]

いきなり鼻血が出てびっくりした経験がある人も多いはずです。それは10代のときだったと言う人が多いはずです。鼻血をよく出すのは、血の気が多いからだと言われます。またほ、ヌード雑誌など見て性的に興奮したのだ、と少年の若さをからかったりするものでもあります。

しかし、本当は血の気など無関係です。例えば子供などは、鼻の粘膜がまだ弱いために、ちょっとした外力でも粘膜が破られやすく、出血してしまいます。

鼻血は、医学用語で鼻出血といいます。その原因は、鼻そのものに病気や外傷がある場合(局所的原因という)と、鼻以外の体の異常がある場合(全身的原因)とに分けられます。しかし、大半は局所的原因で発生します。つまり、鼻そのものに異常があるために鼻血が出るのです。

局所的原因を具体的にあげると、打撲、衝突などの外傷、鼻炎、腫瘍、鼻中隔湾曲症などです。鼻の穴をほじくって爪でひっかいたり、強く鼻をかんだりしても、鼻出血することもあります。鼻出血の約8割は、鼻中隔軟骨部の前端にある、キーゼルバッハと呼ばれる部位から起こるものになります。
キーゼルバッハは、鼻の入り口付近にあるため、外力で傷つきやすくさらに、、粘膜が薄く、毛細血管が多数集まっているということも、出血しやすい要因になっています。

鼻血と関係がある全身的疾患としては、血液疾患(白血病、血友病)、高血圧、動脈硬化症、心臓病などがあります。いずれも、持続的に鼻出血が起こり、なかなか止まらないことが特徴です。

鼻血の原因でこわいのはガンです。副鼻腔に悪性腫瘍ができたときにも、持続性の出血をみる。とにかく、出血量に関係なく、なかなか止まらないしつこい鼻血には注意しなければいけません。
白血病も鼻血がでます

早い時期に専門医を受診しましょう。

高血圧の人で、鼻血が頻発するようなときも、血圧の管理をしっかりもする必要があります。直接結びつくとは言えないのですが、脳卒中の赤信号として鼻出血があることがしばしばあるからです。鼻血もバッと止まるような場合ははとんど心配ほいらないが、ぐずぐずと続く場合は要注意。血の気が多い、などと笑ってばかりもいられないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です