唐辛子やこしょうなどのスパイスは体を温める[本当]

誰もが経験していてわかっているが、辛いものはカラダを温めるものが多い。そのため、香辛料などのように辛いものも、基本的に胃腸を活性化して、消化吸収を助け、代謝を活発にするという作用がある。ただし、カレーはインドのように暑い地方で生まれた食材であるが、これは環境温度が暑すぎるために、胃腸の消化吸収能力も弱ってしまうため、暑いところであっても食欲をそそるような香辛料が発達したと考えられる。

体を“ホット”に温める食品選びとその調理方法

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください