アレルギー体質の人は長生きできる[本当]

交感神経優位の緊張状態ばかりが病気の原因のように思われるのが一般的ですが、副交感神経の優位が極端になっても病気は起こります。代表的なものに花粉症やアトピーといったアレルギー性疾患があります。
花粉症などは現代人特有の症状で年々増加しています。
フコイダンで花粉症を改善

副交感神経が優位のとき、体はリラックスしたり、排泄する反応が出ます。春先の暖かくなってくる時期にくしゃみ出るのは、体が寒さを吐き出して体温を上げようとしているからです。その証拠にくしゃみをした後、人の体温は0.5度上昇します。
同様に吐き出す作用をしているのが、花粉症です。体内に入ってきた異物を吐き出すために体が反応しているのです。
「アレルギー(鼻炎・ぜんそく)」鼻炎の鼻水やぜんそくのたんは余分な水分を排出する体の防御反応にもくしゃみや鼻水が止まらない鼻炎、薄い水のようなたんが出るぜんそくなどのアレルギーは、「余分な水を排出する機能」です。漠方では、「水毒症のひとつ」と考えます。と記載されています。

だから、体から異物を出そうとしてくしゃみをしたり、鼻水を出すのです。これ自体は正常な反応です。ところが、これを薬で抑えようとするのが現代医学です。これでは症状は治りません。せっかく出そうとしている反応を薬が止めるわけです。

薬で抑え続けていると、体の中で病気が固定してしまいます。ですから、くしゃみをしたり、鼻水が出たり、痒みが生じたら、「自分は良い反応を起こしている」と思えばいいのです。アレルギーを持つ人全般に言えるのが、穏やかな生き方を続けてきた結果、リンパ球体質になっています。

リンパ球は年齢と共に減少するため、若い頃はリンパ球が過剰だという人でも、最終的にアレルギーは消失するという特徴があります。つまり、アレルギー体質の人は、いずれ病気知らずの体になれるのです。特にがんなどの組織破壊の病気にはなりにくい傾向があるため、最終的には長生きする人が多いのも、アレルギー体質の人の特徴です。

ガンを撃退する「ハナビラタケ増強食」の使用感、口コミ、効能、効果はこちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.