キャベツに含まれるビタミンCは芯の近くに多い[本当]

ビタミンCが多い食品といえば、レモンやほうれん草などがイメージされますが、例えばほうれん草なら青々とした葉や成長中の葉の部分に多く含まれます。
ごぼうやにんじんなど皮のある野菜では、皮の近くに多く含まれます。皮を薄くむけばより多くのビタミンCを摂ることが可能です。無農薬野菜や減農薬野菜であれば、皮ごと食べればより多くのビタミンCが摂取できます。
キャベツや白菜は外側と芯のすぐ上の芯の部分に多く含まれます。捨てる葉は外葉1枚にして芯はぎりぎりまで食べるようにします。

ビタミンCを多く含む食品はこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください