寝る前は熱いお風呂がよい[嘘]

寝る前は、ぬるめのお湯に長く入るのがよい。熱い湯は逆に神経を高ぶらせてしまい体が緊張してしまう。快眠の鉄則、就寝前は「リラックス」モードが基本。38度~40度くらいのお湯にのんびりと入るのがよい。新陳代謝を活発にし、リラックス効果も期待できる。
お風呂は心地よい眠りのための導入効果大なのだ。できれば眠る1時間くらい前の入浴が理想。入浴で温められた体温がしだいに下がっていくのと、入眠時に体温が下がって眠くなるのが一緒になると、深い眠りにつきやすい。入眠時には、起きているときより体温が約1度ほど下がる。よく、赤ちゃんが寝るときに、手がポカポカしてくるのは、辛から熱を放散させて体温を下げているため。

おすすめは最近、美容、健康関連では定番の話題になっている半身浴がベスト。半身浴のメリットについてはこちら。新陳代謝が活発化してリラックスできるのもメリットのひとつだが精神的なリラックス効果の意義も大きい。半身浴中にクラシック音楽などを聴くのもおすすめ。リラックス効果がさらに高まる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です