昼寝は不眠の原因になる[嘘]

昼寝は、15分程度の短時間なら頭がスッキリして午後の仕事や勉強の集中力がアップしてさらに体にもよい。長時間にわたって寝てしまうと夜になって不眠になりがちだが午後1時~3時くらいに15分程度の仮眠なら夜の不眠の原因にはならない。
1時間以上寝てしまうと不眠の原因にもなりやすいので昼寝は短時間がよい。精神的にゆったりできたり体の疲労をとるための昼寝はむしろ推奨されている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です