年をとると眠りが浅くなる[本当]

人間の睡眠は年齢とともに変化していく。加齢によりレム睡眠が短くなり眠りが浅くなる。
脳が老化するように睡眠もその持続する能力が老化する。

ノンレム睡眠が減って熟眠しにくくなり、眠りに入っても目が覚めやすくなる。眠りに入っても目が覚めやすくなり、眠りの質が悪くなる。結果、寝付きも悪くなってしまう。そして日中に眠気がやってくる。

睡眠の老化現象を軽減するには個人差があるが、昼間に過度な運動や家事で体を動かすことで睡眠時間を工夫するのがいいとされている。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください