【嘘】低栄養でガンに対抗できる

ガンの食事療法はさまざま紹介されています。特に多いのが、低栄養の食事です。それはなぜでしょうか? 多くの説は、「栄養価の高い食事をしていると、がんにも栄養が行き渡って、がんが進行してしまう」というものです。

そうならないために、「栄養を摂るな」というのです。その結果、どうなるでしょう? 患者はがんのためだけでなく、栄養不足でますますやせ細ってしまいます。

繰り返しますが、がんを退治するには、本人の免疫力が重要です。それしかないといってもいいほどです。特にNK細胞の活性度が低く、がんを殺す力がありません。

栄養を十分に摂らないとNK活性は上がりません。低栄養を勧めるがんの食事療法は、がん治療に逆行しているといわざるを得ません。
ガン患者に評判の健康食品
https://immunityup.info/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください