疲労が蓄積していると金縛りに合いやすい[本当]

睡眠中に突然、目が覚めて体の状態が変で自由がきかなくことがある。「金縛り」である。これはレム睡眠中に目が覚めてしまった状態。
脳で考えていることが筋肉まで伝わらなくなってしまうことをいう。
暑さ、寒さ、寝苦しさで尿意をもよおすなどを無意識のうちに脳が感じたり、脳が急に目覚めたのに対して、体は弛緩しているため動きの反応がおいてついていないことから起きる。

金縛りは、脳の命令に対して体が「ちょっと待って!」とすぐについていけないだけのこと。あまり深刻に心配する必要はない。慌てずにじっとおとなしく状態が解けるまで待てばいい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください