いびきは疲れているときにかきやすい[本当]

疲れていたり、お酒を飲んだりしたときにいびきをかきやすいのは本当。疲労がたまっているときやお酒を飲んだ際には鼻から肺へと取り込んでいる気道周辺の筋肉が緩んで、気道を狭くしてしまう。そのため、気道周辺の空気抵抗が大きくなり、周りの粘膜などを振動させていびきをかく。

お酒を飲んだとき、少し疲れがたまっているとき…など一時的ないびきはいいのですが、睡眠時無呼吸症候群の場合、受診する必要があるので注意が必要。

うるさい大きなイビキと無呼吸には注意 「睡眠時無呼吸症候群」

さらには体の疲労を早く回復させてしまうと、無意識に口呼吸をしてしまうこともある。口呼吸は口を開けることで気道を狭くしてしまい、空気の流れを悪くし、いびきをかきよやすい状態にしてしまう。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です