昼間の運動やスポーツは快眠につながる[本当]

適度な運動はもっとも健康によいとされ、身体能力の維持とともに、運動後は心地よい眠りが得られるとされている。人間の体は日中に体温が上がるようにできているが、運動をしないと体温は十分に上昇できない。運動によって休演が上昇し、運動後はしだいに体温はさがっていく。と同時に人間の1日の生活リズムも昼間から夜にかけて対応が下がるようになっている。

入眠は体温が低下してくると起こりやすく、夜眠っている間が一番体温が低い。つまり、運動後の体温の低下と1日のリズムからくる体温の低下とか、結びついて相対的に起こるために、夜の眠りが効果的に促進されるのである。
昼間に運動をして過ぎてしまうと、疲れて寝てしまうことがある。
激しい運動をした場合は、運動後にストレッチを行い、筋肉のクールダウンが必須。
筋肉の手当をしておかないとそのまま疲労が残る場合がある。
また運動をした後は入浴で体の筋肉をほぐすとさらによく眠れるはず。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です