読書は眠気を誘う[本当]

眠る前に、ふだんすることでリラックスして、自然と眠くなるようなことを入眠儀式という。個人個人異なるがおおよそ人がリラックスする行動は同じ。読書も睡眠前の入眠儀式になる。しかし、おもしろい小説や好きな本に夢中になってしまうと、逆に目がさえてしまい、かえって眠気を吹き飛ばしてしまう心配がある。

難しい本や読んでいて疲れるような本なら眠気を誘うので、入眠効果は期待できる。本を持っている手が疲れてきて持ったまま眠ってしまう前に、灯りを消すスイッチが手もとにあると消灯しやすく、スムーズに入眠できる。読書で眠気を誘うのは個人差があり、まず自分が眠気を感じる本を見つけるのが肝心。

本を読んでいる最中に眠くなってもOKのタッチセンサー付きLEDライトはこちら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください