【本当】起床後4時間後に眠気がくるのは寝不足

不眠に悩む現代人は急増中ですが、いわゆる「寝不足」と「不眠症」の決定的な違いはどこになるのでしょうか?

臨床的な睡眠不足の判断基準は「起床から4時間後に、あくび、だるさ、ぼっとするなどの何らかの眠気に関する徴候が見られている」ことです。

6時起床の方は、10時の会議のときにチェックしてみましょう。起床から4時間後は、ヒトの脳波活動が最も盛んで、言わば1 日のうちで最も頭が働く時間帯です。脳波の活動が一番活発で一番クリエイティブな時間帯となります。この時間に眠気が混入してくるということは、睡眠の絶対量が足りていないと判断します。

脳の活動は起きた時が一番クリアで、だんだん下がっていくのですが、起床2時間後はテストステロンという男性ホルモンが高くなるため、決断力や自分で選択する力が強くなります。だから、難儀なことをバシバシ決めていくことに向いています。

その後、記憶力が充実する起床3時間後に全体のスケジュール管理をしたり、予定を立てたり、教育訓練にも適しています。
快眠・安眠のための照明(一覧) | 眠りの悩みを解消しよう!
URL:https://sleep-guide.net/important/archives/387

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください