【本当】睡眠を改善したい場合タイプ別に考えるとよい

眠りのタイプによって選んでみましょう。眠りのタイプは、大きく6つに分かれます。タイプ別に実行することを見てみましょう。

  1. 夜の寝つきが悪い方は、夕方の深部体温を上げることがおすすめです。
  2. 夜中に途中で目覚めてしまう方は、夜の照明を電球色に変えたり、浴室の照明を消すことで夜のメラトニンを増やしてみましょう。
    快眠、安眠のための照明:
    https://sleep-guide.net/important/archives/387
  3. 朝早く起きすぎる方は、休日の昼に目を閉じてみましょう。夜の早い時間に眠くなってしまうことを防ぐことを目指します。
  4. 眠ってはいるのに、疲れがとれない方は、就寝1時間前に簡単なエクササイズをして、深部体温の勾配を強調してみましょう。成長ホルモンを増やすことを目指します。
  5. いつも眠気が強い方は、起床時間をそろえてみましょう。朝のだるさが減ってきたら、眠気を限界まで我慢せずに、「○ 分後に起きる」と唱えて積極的に目を閉じてみましょう。
  6. 朝起きられない方は、入浴後に膝下に冷温水をかけてみましょう。朝の血圧が上昇する反応を高めることを目指します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください