低血圧体質の人は熟睡できていても寝起きが悪い[本当]

低血圧とは普通、最高血圧値が100mmHG以下になること。起床時、目が覚めても布団からなかなか起きられず急に動くと立ちくらみ、頭痛などの症状がでる。しかし、低血圧だからといって起きられないわけではない。低血圧の人は最初のエンジンがかかるのに時間がかかる。
もともと時間がかかるのでそれなりに時間がかかることを想定して目覚めしをかけるように調整する。特に真冬は夏よりも起きるのがしんどい。

布団の中で手足を動かしながら体を慣らして好きな音楽などをかけて、熱いシャワーを浴びてからご飯にするとエンジンがかかりやすい。低血圧だと朝がだるいのでどうしても朝食をぬいてしまいがちだがこれだといつまでたっても目覚めない。しっかり朝食を食べる習慣だけでもつけたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください