時差ぼけをなおすためには眠くても起きていた方がいい[嘘]

時差ボケになると、「眠くても眠れない」「昼間なのに眠くて仕方がない」などの症状に襲われる。時差ボケを解消するには、睡眠は現地の時間に合わせてとるほうがよいため、眠くても夜まで起きていたほうがよいのは確かである。あるいは、日本にいむl哲きから現地の時間帯に合わせたリズムにカラダを毒専管らしてしておいてから出発するという方法もある。

時差ボケは睡眠だけではなく、頭痛、疲労、食欲不振や消化吸収のリズムのズレも誘発する。どちらかというとこのほうが治りにくく、消化吸収のリズムはそんな簡単に修正しにくいところがある。
時差ぼけは、症状を軽くする程度のことはできるがそんなに簡単に治らない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください