血圧が低い低血圧症の人は冷え症になりやすい[本当]

低血圧とは一般的に最大血圧が100mmHG未満のことをいう。分類では急性低血圧(たちくらみ、失神などの症状を伴う)と慢性低血圧があるが、ここでは半年以上継続している慢性の場合について。

慢性低血圧患者においては、頻度の多い順に、疲労感、めまい、四肢冷感、頭重感、肩こり、動悸、便通不順、発汗、心臓部不快、性欲減退、根気がない、不眠、食欲低下などがある。そのため手が冷たくなりやすい症状も多い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です