」カテゴリーアーカイブ

あくび うつる 理由 隣の人があくびをすると自分まであくびをしてしまうのは

あくび うつる 理由 隣の人があくびをすると自分まであくびをしてしまうのはどうしてでしょうか。そんな あくび うつる 理由 を紹介します。

あくび うつる理由

あくび うつる理由

眠いときや退屈しているときなどに、つい反射的に出てしまうあくびですが、あくびによいイメージはありません。たとえば、会議中にあくびをしていると、たるんでいると思われてしまうのもそのためです。

とはいえ、あくびは人間だけでなく、人間以外の哺乳類や鳥類、爬虫類などほかの動物でも見られるごく一般的な動作でもあります。

ところが、「あくびがどうして出るのか」というメカニズムは、まだはっきりわかっているわけではないのです。

日常的によく起きる動作なのにもかかわらず、いまだに謎につつまれた不思議な現象だということです。

あくびが出る理由についての代表的な説には、次のようなものがあります。よくいわれるのは、脳が酸素不足になったときに、酸素を取り入れるために起きる反射運動だとするものです。

寝不足や疲れているときは、とくに酸素不足になりやすいので、あくびが出てしまうという理由です。しかし、あくびをしても血中の酸素濃度が上がらないことがすでに判明しており、いまでは否定的な説になっています。

あくび は脳を冷やし覚醒させるという

あくびが出る原因の説のもうひとつは、あくびをすることで脳の温度を低下させているというものです。

何らかの原因で脳の温度が37度 以上になると、その働きは悪くなってしまうので、あくびをすることで空気を吸いこみ、同時に脳の温まった血液循環をよくして脳の温度を下げるという説。

まさにコンピュータと同じように、あくびが脳のオーバーヒートを防いでいるというのです。寒いときや頭を冷やすと、あくびが出にくくなることがわかっています。しかし、病気で熱が出たときにあくびが出るわけではないため、これも定説にはなっていません。関連して、あくびは脳を覚醒させるためのものだという説もあるのです。

朝起きた直後や夜に眠たいとき、退屈しているとき、疲れているときなど、脳の働きが低下したときに、あくびをすることで脳を覚醒させ、眠らないようにしているという説です。

あくび うつる のは

近くにいる人があくびをするのを見ると、自分までつられてあくびが出てしまうことがあります。あくびがうつる(伝染する) 現象です。なぜ、あくびが伝染するのかについても、まだはっきりしたことはわかっていません。しかし、あくびをしている人を見ることがきっかけで伝染することから、相手の行動や感情に同調したり、共感しょうとする脳の働きが関係しているのではないかと考えられています。

映画を観たり、小説を読んで、思わず登場人物に感情移入して自分まで感動したり泣いてしまうのも同じ作用です。

また、飼い主があくびをすると犬もあくびをしてしまうなど、人からほかの動物へあくびが伝染することもわかつているのです。

 

【本当】人工関節は整形外科の利益の中心

整形外科のドル箱は、人工関節です。歳を取って、膝や股関節の痛みが出てくると、整形外科を受診します。医者はレントゲン、CT 、M RI などの検査を行った後、おもむろにこういいます。
「あなたの軟骨は大分すり減っていますね」あなたが患者なら、こう聞くでしょう。「先生、何とかならないのでしょうか? 」すると、医者はこう続けます。「そうですね。これは加齢現象ですから、どうにもなりません。軟骨は、再生しませんからね。リハビリやヒアルロン酸注射で様子を見ましょう」。

しかし、リハビリやヒアルロン酸性紆にも限界があります。いずれ、歩行が困難になるときがやってきます。そのとき、医者は患者にこう告げます。「もう人工関節しかありませんね」そのころには、本人もあきらめかけています。医者にこう聞きます。「人工関節にしたら歩けるようになりますか? 」

人工関節は何度も交換しなければならない

患者は人工関節の手術を受けることに決めます。しかし、人工関節はいったん入れると、もう後戻りはできません。使っているうちに徐々に擦り減ってきますから、交換しなければならない時期がやってくるのです。
10~15年で交換しなければなりません。つまり、一生のうちに、一度ならず2度、3度と交換が必要になることもあります。おまけに、1 回の手術で数百万円の費用が必要になります。
人工関節は整形外科のドル箱というわけです。

「健康ゆすり」による貧乏ゆすりで変形股関節症の激痛を和らげる!温存療法の決定版

夜に爪を切ってはいけない[本当]

つめを骨の一種と思っている人がいるらしいのですが、骨とは違います。皮膚の表面の角層が変化したものです。

つめは1 日に0.1ミリ~0.2ミリほどのびるのですが、骨がそんなにのびたら大変ですね。「夜、爪を切ってはいけない」とは、昔から言われ続けてきたことでもあります。

子どもの頃に、そう注意され、「どうしてなの? 」と聞いたら、「夜、爪を切ると鬼の爪になる」などと不可解な答えが返ってきた。こんな変てこなおどしをかけたって、子どもも信じるはずがなく、かえって軽視するようになってしまうでしょう。

夜、爪を切ってはいけないのは、暗いところで爪を切ると、つい深爪をしたりして、そこからバイ菌が入る怖れがあるからです。

爪の部分は、頻繁にいろんなものにふれます。そこが傷つけば、悪い細菌に感染する可能性が高いのです。ことに、土を素手であつかうことが多かった昔の農家の人にとっては、破傷風菌という恐しい菌に感染する怖れがありました。

そこで、夜、爪を切るのを強くいましめたのです。現代でも、同じこと。文明が発達したからといって、細菌が少なくなったわけではありません。

とくに、若い女性はマニキュアをしたり、磨いたり、爪を必要以上にいじくりまわすことが多くあります。爪の根元にあるあま皮を切りすぎ、奥にある爪母まで傷つけたりすることもあるでしょう。

爪が傷つくと、爪のかたちまで変わってしまうこともあります。美容のためにも、健康のためにも、あまり爪をいじくりまわさない方がよいのは言うまでもありません。

貧血が進行すると、爪や舌の異常などが起こります。