健康」カテゴリーアーカイブ

正しいと理解している物事でも実は間違っていることもある。 健康 に関する 嘘 本当 のさまざまな話を紹介。

貧乏ゆすり 変形関節症

貧乏ゆすり 変形性関節症 が治る ? [本当]

貧乏ゆすり 変形性関節症 が治る ?というのは本当でしょうか。本当です。変形性股関節症は、手術をしなければ治らないと医師に言われています。

貧乏ゆすり 変形性関節症 が治る

貧乏ゆすりが変形股関節症に効く理由は、以下の3つと考えられます。貧乏ゆすりが変形股関節症に効く理由は、以下の3つと考えられます。

1.関節液の循環を促進する

貧乏ゆすりは、股関節を細かく動かす運動です。この運動によって、関節液の循環が促進されます。関節液は、関節軟骨を潤滑する役割を担っています。関節液の循環が促進されることで、関節軟骨への栄養が行き渡り、軟骨の再生や修復が促進されると考えられます。

2.筋肉の緊張を緩和する

貧乏ゆすりは、股関節周囲の筋肉を緩和する効果があります。筋肉の緊張が緩和されることで、関節への負担が軽減され、痛みの軽減につながります。

3.血行を促進する

貧乏ゆすりは、全身の血行を促進する効果があります。血行が促進されることで、疲労物質の排出が促進され、痛みの軽減や関節の機能改善につながります。

実際に、貧乏ゆすりを行った人の中には、痛みの軽減や関節の可動域の改善を感じる人もいます。ただし、貧乏ゆすりだけで変形股関節症が完全に治るわけではありません。変形股関節症の治療には、薬物療法や手術療法など、さまざまな方法があります。貧乏ゆすりは、これらの治療法と併用することで、より効果的な改善が期待できます。

貧乏ゆすりをする場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 無理のない範囲で行う
  • 痛みを感じたらすぐに中止する
  • 骨粗鬆症などの疾患がある場合は、医師に相談してから行う

また、貧乏ゆすりは、1日10分程度を目安に行うようにしましょう。

健康ゆすり JMH-100 緊張の緩和から 股関節症 の改善まで、 ジグリング が自動で痛みを解放

健康

ウィズワンエル やせる

ウィズワンエル やせる というのは本当でしょうか? [本当]

ウィズワンエル やせる というのは本当でしょうか?ウィズワンエル は、乱れてしまった腸内環境を正常に整えることによって肥満を改善する働きがある植物性乳酸菌を配合した便秘薬です。

ウィズワンエル やせる というのは本当

ウィズワンの基本処方であるプランタゴ・オバタ種皮とセンノシドに加え、胃酸や熱に強く、腸まで生き抜く有胞子性乳酸菌を配合しています。

ウィズワンエル こんな症状の方におすすめ

  • おなかがはるつらい便秘に
  • 腸まで生き抜く乳酸菌配合
  • 不味い便秘薬にうんざり ウィズワンエル はヨーグルト味

膨らむ食物繊維プランタゴオバタ種皮末にプラスし、腸まで生き抜く有胞子性乳酸菌配合で、自然に近いお通じを促します。

酸で死滅しやすい乳酸菌ですが、有胞子性乳酸菌は腸まで生き抜く乳酸菌になります。有胞子性乳酸菌は、胞子を形成しているので、熱、酸などに強く、生きたまま腸管内に到達します。服用した後は、腸管内で繁殖して腐敗菌などの有害細菌の増殖をおさえます。腸内環境を整えつつ、便秘改善ができます。

便秘解消でやせる 本来の意味

便秘が解消されると、体内の余分な老廃物やガスが排出され、お腹の膨満感が減少することがあります。これにより一時的に体重が減少することもありますが、それは主に体内の内容物が排出された結果であり、脂肪が減少したわけではありません。

ウィズワン エルの服用によって、便秘が改善し、体重が減少したという報告が多数あります。ただし、ウィズワン エルはあくまでも医薬品であり、ダイエットを目的としたサプリメントではありません。そのため、ウィズワン エルを服用する際には、食事や運動などの生活習慣の改善も併せて行うことが重要です。

便秘画解消されると実際に体重は減りますがこれでやせたと思ってしまってはいけません。

健康的な体重減少のためには、バランスの取れた食事や適度な運動が重要です。便秘を改善するためには、食物繊維を豊富に含む食品や水分を摂取し、適切な運動を行うことが効果的です。

ウィズワンエル やせる

ウィズワンエル やせる

ウィズワン エル

健康

 

 

 

運動で痩せる [嘘] 断糖の組み合わせで痩せる

運動で痩せる というのは嘘です。実際は、糖質を減らさないとほとんどダイエット効果は期待できません。運動と断糖といったふたつの対策でダイエットが成功します。断糖を組み合わせることでより効果的にダイエットできます。断糖 + 運動 で痩せるその理由を紹介します。

運動で痩せる は嘘

運動で痩せる

運動で痩せる

糖質を制限する断糖だけで痩せるダイエット法もおすすめできません。健康的に美しく痩せるためには運動も必要です。
糖質を制限する 断糖 を行えば結果的に痩せることは可能です。しかし、健康的に痩せるのなら運動も必須ということです。

痩せるには、これ以上糖質を溜めないように断糖をすることが必須です。そのうえで、すでに蓄積している体脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えて消費する必要があります。だからといって単に食事を控えてしまうと、体を健康に保つために必要なたんぱく質も減ることで筋肉が痩せ細り、代謝機能も低下して効率の悪いダイエットになるばかりか、かえつて老化が進んでしまいます。

効率良く、しかも健康的に痩せるには体を動かすしかありません。

有硬素運動は適した心拍数で

ジョギングをして汗を流しているのに、ちっとも痩せないという声をよく耳にします。ジョギングしている人が陥りやすい要因として、玉のような汗をかきながら必死に走ったりしている割には、それほど体脂肪が減らない人が多いです。

しかし、流れるほどの汗をかいたことで、本人には充実感や達成感があるために運動している気になって、つい食べすぎてしまうのです。したがって、運動と同時に食生活も見直す必要があります。

また、たっぷりと汗をかいて運動量が多いのに痩せないのは、体内の水分を排出しているだけのため、サウナと同様に水分補給をするともとに戻ってしまう点にあります。運動するうえで大事なことは、正しい方法で有酸素運動を行うこと。ダラダラと汗が流れるほどの走り方では脈拍数が上がりすぎ、これでは有酸素運動にはなつていません。

その結果、いくら汗をかいても脂肪を燃焼させることができないのです。脂肪を燃やすためには、有酸素運動に適した脈拍数があり、この範囲内でジョギングをして初めて体脂肪が使われるようになって痩せてくるのです。

断糖では、最大心拍数( 220  – 年齢 )  の 70 〜 80 % で運動を行うことをおすすめしています。たとえば、50歳の人は、(220- 50 ) × 0.7 〜 0.8=119 ~ 136 となり、この心拍数を維持した運動が適していることになります。

さらに筋肉運動をプラス

効果的な有酸素運動を行ったうえで筋肉トレーニングも行えば、より効果的です。なぜなら筋肉は、人体で最もエネルギーを消費する器官だからです。

筋肉は、酷使して傷つけることで回復する過程で成長します。つまり、筋肉に負荷がかからないと筋繊維が傷つかず、筋肉量は増えないのです。筋肉トレーニングを行うことで、基礎代謝も上がって痩せやすくもなります。筋肉トレーニングと有酸素運動を組み合わせると、まず肝臓と筋肉に蓄えられている糖質( グリコーゲン) を消費し、足りなくなると脂肪が分解されて筋肉に運ばれ、そこで燃焼されます。

この脂肪が分解されて消費されるまでには、20分以上の運動が必要のため、20分以上の運動を行うことが必要です。

主食は食べない 断糖 食事 大事なポイント

健康