健康」カテゴリーアーカイブ

低気圧 体調不良 になる [本当]

低気圧 体調不良 になるのは本当です。低気圧が近づくと頭痛やめまい、関節痛など持病や古傷が痛むことを言います。台風が近づくとなんだか頭痛などで痛み止めを飲む回数が多い…それは思い込みではないかも知れません。

低気圧 体調不良 になる

低気圧 体調不良

低気圧 体調不良

台風や低気圧が近づいてくると、頭痛や関節痛、古傷の痛み、うつ症状など身体の調子が悪くなる人がいます。なかでももっとも多い症状が、ズキズキと脈打つような痛みが特徴の偏頭痛です。
片頭痛について症状についてはこちら

このように、気圧や気温、湿度の変化など天候の影響で体調が悪くなる症状は「気象病」と呼ばれています。

気象病がなぜ起きるのか、そのメカニズムについては、まだはっきりわかっていないものの、次のような説があります。

気圧が低下すると体内で炎症を起こしたり、血管の拡張や透過性を増加させる作用のあるヒスタミンの分泌が増加。このヒスタミンにより、脳血管が拡張すると、周囲の神経を圧迫するため頭痛が起きます。血管の透過性が増すと、血管内から水分が出やすくなり、むくみが起きやすくなります。

むくみは古傷の痛みや頭痛の原因になります。また、気圧や気温の急激な変化により、自律神経に乱れが生じることがあります。

交感神経は血管を収縮させ血圧を高くし、反対に副交感神経は血管を拡張させ血圧を低くすします。

そして、これらふたつの自律神経のバランスが崩れると、血管が過剰に収縮したり、拡張することで頭痛などが生じやすくなります。

さらに、気圧や気温の急激な変化は身体にストレスを与えます。その結果、ストレスホルモンであるコルチゾールなどの分泌が増加し、血圧や血糖値を上昇させることも身体の調子が悪くなる原因です。

健康

しゃっくり 止める方法 舌を引っぱる [本当]

しゃっくり 止める方法 舌を引っぱる と止まりますがこれは本当です。おばあちゃんの知恵袋的な方法だと思いますが、止まらないときには試してみるといいと思います。

しゃっくり 止める方法 舌を引っぱる

しゃっくり 止める方法

しゃっくり 止める方法

何かの拍子に突然起きるしゃっくりですが、うっとうしいので一刻も早く止めたくなるものです。自宅でならいいのかもしれませんが、外食ででてしまうと早く止めたいものです。

「息を止める」「水をゆっくり飲む」「びっくりさせる」など、さまざまなしゃっくりの止め方が広まっています。

しゃっくりは、医学的には「吃逆反射」と呼ばれています。母親のお腹に胎児の口に誤って異物が入ったときにそれを吐き出すために備わった反射なのではないかと推測されています。

しゃっくりは横隔膜(肺の下にある膜状の筋肉) がけいれんすることで生じるのです。同時に声帯の開口部である声門が閉じて狭くなった隙間を息が通るときに「ヒクッ」という音が出る仕組みです。

飲酒やストレスが原因になることも

しゃっくりは横隔膜や迷走神経への刺激によって起きると考えられています。迷走神経は延髄から体内へ広く分布している神経のひとつですたとえば早食いをしたり、冷たいものや熱いものを急に飲んだりすると、胃が拡張して横隔膜を直接刺激するため、けいれんを起こすことがあるのです。ほかにも飲酒やストレスでもしゃっくりが起きることがあります。

通常、しゃっくりは長くても2 日程度でおさまるものですが、それ以上つづくものは、迷走神経を刺激する何らかの病気が隠れている可能性もあるので、医療機関の受診をしたほうがいいでしょう。

どうしても止まらないときには

しゃっくりの止め方にはさまざまな方法があります。個人差もあるのですが、そのなかでも止めることのできる可能性の高い方法がふたつあります。

ひとつめは、指で舌をつかんで30秒から1分程度、強く引っ張るという方法です。舌咽神経が刺激され、横隔膜のけいれんを止めることができるのです。

この方法は、病院でもじっさいに行なわれることがある方法です。

もうひとつは、左右両方の耳の穴へ同時に両手の人さし指を入れて、1分程度耳の奥を強く押す方法です。こちらは、耳の奥にある迷走神経を刺激することで、横隔膜のけいれんを止めることができます。舌を引っ張る前に、まずは、試してみる価値のあるしゃっくりを止める方法です。

健康

【本当】年間6000人以上がゴルフ場で亡くなる

健康のためにスポーツをすることが奨励されています。例えば、長い期間テニスを行っている仲間たちを見渡すと、膝、肘、肩の痛みで悩んでいる人がどれくらいいるでしょうか?

彼らは、すでにリタイアしているので、毎日、テニスをしています。毎日、テニスをすれば、よほど健康になるだろうと思いますが、実際はそうではありません。テニスの試合会場で倒れ、救急車で搬送されて、心筋梗塞と診断され、その日のうちにICU(集中治療室)で亡くなる人もいます。これはテニスに限ったことではありません。他のスポーツでも同じです。

日本体育協会公認のスポーツドクターの友人がこんなことを言っていました。ゴルフ場で亡くなる人が毎年、相当数にのぼるということです。国内には約6000のゴルフ場がありますが、1年間にゴルフ場の数だけ死者が出るといわれます。報道されていないだけです。特に、夏場や冬場のゴルフは危険です。夏場は熱中症、冬場は心筋梗塞で亡くなります。

普通の運動では骨密度は上がらない

同じように、運動をすると骨密度が上がるという説があります。しかし、本当でしょうか?骨密度は、骨芽細胞と破骨細胞のバランスで維持されています。

そこで骨密度を上げるためには2つの方法があります。ひとつは、破骨細胞を破壊する方法です。骨粗鬆症の薬はこれにあたります。もうひとつは、骨芽細胞の生成を促進することです。しかし、それは運動などで得られるほど簡単なものではありません。

骨密度を上げる運動とは、激しい負荷がかかる、たとえばサッカーやラグビー等で、水泳や自転車のような重力負荷がかからない運動では上がりません。むしろ、骨密度が低いまま過度な運動をすると、かえって膝を痛めたり、腰を痛めたりするのが関の山です。運動をすると骨密度が上がるというのは、根拠がないと考えたほうがよさそうです。

膝裏のばしの効能、効果とレビュー