日本の医療」カテゴリーアーカイブ

【本当】セカンドピニオンの意見もほとんど同じ

最近は、どの病院でもセカンドオピニオンについての記載があるところが増えました。たとえば、がんと告知されて、主治医から説明を受けたとします。それで納得すればいいのですが、納得できない場合、他の医者に診てもらうことになります。

これがセカンドオピニオンです。しかし、標準治療(保険診療)を行うがん専門医は、どの病院でも(国立がん研究センター でもがん研有明でも大学病院でも県立がんセンターでも) 金太郎飴のように、判で押したごとく同じ意見しか返ってきません。

これでは、セカンドオピニオンを求めても意味がありません。セカンドオピニオンというからには、保険外診療である先端医療と標準治療を組み合わせて従来とはまったく異なる治療法の提案がなされなければ意味がないのです。

インフォームド・コンセントの建前と事実 – 「診察編」Q&A形式 医療
https://speed-pc.info/qa/2019/03/post-4.html

【本当】ガン患者は最終的に放り出されてしまう

ムンテラとはドイツ語でムントテラピーの略です。ムントは口、テラピーは治療を意味します。よって、ムンテラは医師が患者に説明して治療を行うことを稔称します。

一方で、医者の言葉のままに治療を進める、という意味もあります。日本のがん治療の現場でも、このムンテラに近いことが行われています。医者は、我田引水が得意です。

患者は素人ですから騙すのは簡単です。特にがん患者は、がんと宣告された途端、頭の中は真っ白になります。そういうときはまともな精神状態ではありません。しかも、医者が話す内容は、専門的であるため素人が理解することは容易ではありません。

だから医者が誘導しやすいのです。

患者は、古医者の機嫌を損ねたらがん難民になってしまうという不安もあります。がん難民とは、どこの病院でも治療をしてもらえなくなってしまうことです。ですから、医者に従わざるを得ないのです。実際にクリニックや病院に来た患者に話を聞くと、とんでもない医者の実態が明らかになります。

進行がんでは、標準治療(保険診療)を行うとき、医者は患者に「これから延命の治療を行います」と宣言します。手術やその後の辛い抗がん剤の投与を受けても完治しないという現実を知らされたとき、患者は何とか完治したいと思い必死になって他の治療法を探します。そして、免疫療法などを行いたいと医者に告げると、「あっそう、それならもう診ないから他の病院に行って」と、冷たくいい放ちます。

それを聞いた患者は、がん難民にならないために、仕方なく標準治療を受け入れます。徹底的に化学療法剤を投与してもうこれ以上、治療を継続できないと判断すると、医者は「もうあなたが好きな治療をやっていいから」と放り出します。

その段階で疫細胞療法を受けに他の病院を探すのです。しかし、その時点では、免疫力も失っているので、免疫細胞療法が強力といっても、威力を存分に発揮できるわけがありません。これが医者のエゴでなければ、何なのでしょうか。

【本当】名医リストの大学教授は手術より論文が大好き

世間には 「 名医ランキング 」 と呼ばれるものが数多く出回っています。その中に登場する名医は、ほとんどが大学教授や大病院の部長です。開業医はほとんどいません。

開業医には名医がいないのでしょうか。そんなことはありません。「名医ランキング」の判断基準には疑問を感じずにはいられません。もしも、大学教授や大病院の部長イコール名医と判断しているのであれば、大変な間違いです。

大学教授や大病院の部長には、優秀な医者が多いのは事実ですが、すべてが名医かというと、そうとはいい切れません。では、名医の条件とは何でしょうか。診療実績以外には、ないでしょう。患者とどう向き合い、治療してきたのか、その実続こそ、判断材料とされるべきです。

少なくとも名誉や肩書ではないはずです。読者のみなさんも大学教授と聞けば、さぞかし優秀な医者だと思ってしまうでしょうが、必ずしもそうではないことを知っておいたほうがいいでしょう。大学教授に就任するには、教授選に立候補し、教授会で選ばれなくてはいけません。

教授選に立候補するには、臨床経験よりも論文の実績が重視されます。研究論文には、主論文と副論文の2種類があります。主論文はトップオーサーといって、自分が筆頭になる論文のことをいいます。

主論文は最低でも50本必要です。臨床研究だけで主論文を50本も書くことはできません。しかも、大学では、臨床研究は基礎研究よりレベルが低く見られます。したがって、主論文のほとんどが動物実験による基礎研究になるのです。有名な話があります。ある有名国立大学医学部で、外科の教授になるために手術をしないで動物実験ばかりを行っていた医者がいました。そして、数多くの論文を作成して、教授になったのです。

教授になった途端「これから思い切り手術するぞ!」と宣言したのです。それまで、人間の体にほとんどメスを入れたことがなかった医者でも、教授になれば、自分の裁量で術者を決定できますから、そんな宣言もできるわけです。その教授に切ってもらう患者は、たまったものではありません。モルモットにされてしまいます。

大病院の部長も同じです。必ず名医かというとそうでもありません。というのも、大病院というのは大抵どこかの大学の系列病院となっています。大学で定年が近くなった万年講師や准教授が天下りで部長になることが多いのです。つまり、名医本の名医はあまりあてにならないということになります。それではどのようにして名医を見極めたらいいのでしょうか。

それは患者の口コミです。信頼できる友人、知人、親族などから得られる情報が一番正確です。企業でも起業して成功するのは、元サラリーマンですよね。医者でも同じことです。昔、開業医は大学の医者から馬鹿にされていましたが、繁盛している開業医の中にこそ名医がいるはずです。

現代医療を非常識な視点で見る