未分類」カテゴリーアーカイブ

【嘘】人間ドックでガンを予防

ガン予防は人間ドックではできない

人間ドックを毎年受けていれば、ガンにならないと思っている人も少なくありません。人間ドックや健康診断の効果についてはいろいろいわれています。

人間ドックや健康診断を18年にわたり実施している医師が強く主張します、当然、その重要性については十分理解しています。

ところが欧米では、健康診断は不要である、健康診断は受けても受けなくても生存率に変わりはないとの報告があります。それは健康診断の種類と精度によるのだと思います。

これま でに人間 ドックや健康診断 で早期ガンを発見したことは枚挙にいとまがありません。その経験に基づけば、人間ドックや健康診断は欧米で何といわれようと、「早期がんを発見する有力な手段である」と断言できます。

しかし、人間ドックや健康診断は早期発見の手段ではあっても、ガンを予防する手段にはなりません。ガン予防には、別の手法があります。

がんを予防するためには、予防的な治療が必要なのです。現在の保険診療では、「治療はいいが予防はいけない」ということになっています。国民医療費を大幅に削減したいなら、ガン予防も保険診療に組み込むべきでしょう。

あとは、生活習慣、食習慣などがとても重要です。

部屋の色で気分が左右されることもある[本当]

最近はカラーアナリスト(色彩分析家とでも訳すのだろうか)などという職業の人まであらわれて、身の回りの色についてもずいぶん気を使われるようになりました。

例えば、医師や看護婦の着るのほ白衣と相場が決まっていましたが、最近では薄いブルーやベージュなどの診察着を着ているナースや医師もふえてきています。

色が人間の心理に及ぼす影響は決して無視できないほどの影響を与えます。例えば、自動車事故を起こす車の色は、紺がもっとも多く、逆に赤や黄色の車は事故が少ないのだそうです。これは赤や黄色の辛が目立ったり、大きく見えたりするのとともに、人間に対して警戒心を抱かせるからでしょう。

色に関してもっと気を使うべきであるのほ部屋の色。例えば、あ1人暮らしのおばあちゃんが、小さなマンションに引っ越したところ、訳もなく気が滅入るようになってしまいました。なぜだか分からない。だが、あるとき遊びにきたお孫さんの言葉で、その理由が分かりました。

お孫さんはこう言ったのです。
「おばあちゃん、この部屋の色、暗いね。憂うつになっちゃうよ」

マンショソの壁はシックなグレーで統一されていましたた。

加えて、おばあちゃんの家具はくすんだ茶色が多いものでした。私はこの目で部屋を見た訳ではないのですが、灰色と茶色に囲まれた暮らしほ何とも陰気な感じがするのは当然です。

その後、おばあちゃんは壁の色を薄いベージュに塗り変え、気分もようやく明るくなりました。暖色系の色は、暖かさや明るい気分を与え、寒色系の色は、冷たさや落ち着きを感じさせてくれます。

ほくろを無理にいじると悪性黒色腫になる[本当]

♪額に小さな泣きボクロ~いささか古かっただろぅか。流行歌にたびたび登場するのは決まって、泣きボクロです。この目の下のホクロ、なんとなく哀愁を含んだ表情を持っているような気がします。

ホクロは昔から、占いや観相学の材料となっています。ホクロの位置で、特に顔の場合、印象がずいぶん違ってきます。

口の下にあるホクロほ色っぽいし、鼻の下のホクロほちょっと間が抜けた感じがしたり0易学によると、ホクロには泣きボクロと死にボクロとがあります。

活きボクロは、黒々として艶があり、ふくらみがあります。いい意味につながります。
対して、死にボクロ色艶がなくシミのようなもの。アンラッキーな意味あいを持ちます。

ホクロなんか、痛くもかゆくもないし、ちょっと目ざわりなくらいで、別に気にしない。そんな人が圧倒的に多いでしょう。しかし、ホクロが悪性黒色腫に変化することがあります。もちろん、ごく稀ではあるのですが。

この悪性黒色腫というホクロのガンは、死亡率の高い悪性度の高いものです。悪性黒色腫ほ、手のひら、足の裏やかかとなどに多発する傾向があります。発見が遅れると、あっという間に体のあちこちに転移してしまいます。

ホクロが悪性化する場合、急に大きくなったり、イボ状に大きく変化し始めたら、危険信号。これを軽石でこすったり、いじくったり、その部分にケガをしたなどすると、ますます悪化する誘因になることが多い。またホクロが悪性化するのでなく、始めから悪性黒色腫が発生するケースがあります。ホクロを取る際も、手術ほ簡単ですが、医者も神経質になっています。

もし、悪性化していたら、手術したとたんに転移を起こしてしまうのです。先にも述べたように、悪性黒色腫は、転移のスピードが速く、しかも死亡率が高いのです。男性は無頓着な人が多いのですが、たまにはじっくり自分の裸体を眺めてみよう。

ホクロが大きくなったり、前はなかったところにホタロができていたりしたら、専門医に相談に行くべきでしょう。何事もなければ、それに越したことはない。もちろん女性もご注意ください。
シワやシミには神経質になっている御婦人も、案外とホクロには気配りがなかったりしています。
いぼが数ヶ月で全身に広がり、かゆみも伴う場合は、消化器系のガンの疑いが強い