生活習慣病・成人病」カテゴリーアーカイブ

【本当】人工関節と言われた膝の痛みでも治る

歳を取ると大抵の人が膝や腰の痛みに悩まされるようになります。膝の場合は、膝の軟骨がすり減ってしまったのが原因で、すり減った軟骨は元に戻らないといわれます。

軟骨の成分は、たんばく質と糖が結合してできたものです。これをプロテオグリカンといいます。プロテオグリカンには、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンの3つがあります。こ膝に効くサプリメントの成分として盛んにテレビCMでもアピールされています。これらは確かに軟骨の成分ですが、もっと大事なものがあります。

これらの成分を外側で覆っている膜です。それはコラーゲンです。弁当箱にたとえると、中に入っているご飯やおかずがヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンで、弁当箱に相当するのがコラーゲンです。
ご飯やおかずがあっても弁当箱がなければ、バラバラになってしまいます。

コラーゲンがフレームになり軟骨が定着する

どちらが大事かといえば、弁当箱のほうが大事で、弁当箱がしっかりしていないと、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンをいくら補っても意味がありません。

一生懸命サプリメントを飲んでも膝の痛みは良くならないのです。では、どうすればいいのか。高品質コラーゲンを飲めばいいのです。コラーゲンが十分にあれば、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンも必要な場所にとどまり、膝の痛みが取れるはずです。快適に歩けるようになります。

軟骨がすり減りでしまった方のレントゲンを撮影すると、膝の骨のつなぎ目に隙間かありません。しかし、コラーゲンをしばらく飲んでからもう一度レントゲンを撮影すると、膝の骨のつなぎ目に隙間ができているのが確認できます。

明らかに軟骨が再生しているのです。それはコラーゲンによってフレームがしっかこすりして、軟骨がそこに定着したためです。そうなれば、骨と骨が擦りあうことはなくなり、快適に歩けます。これは明らかに軟骨再生です。

未熟な医師に騙されてはいけない

整形外科を受診した人で医師には「人工関節しかない」といわれたそうですが、それが納得できずにコラーゲンを飲むことを勧めました。すると、3ヶ月後には、杖もつかずにすたすたと歩いて来院できるほどになりました。

昔の常識にとらわれてしまっているのです。

こんな例もあります。先天的に股関節に障害がある方で、加齢とともに痛みがひどくなり、整形外科では人工関節しかないといわれました。しかし、コラーゲンを飲んで、人工関節を免れました。医学は、日進月歩です。医師の中には昔の常識にとらわれている医者は少なくありません。そんな医者の無知に騙されないよう、しっかり健康知識を身に付けなければいけません。

【本当】早期慢性膵炎を見逃す

消化器内科医のほとんどが口を揃えるのは、早期慢性膵炎診断はとても難しいということです。

  • 著明な膵外分泌機能低下
  • T で膵石を認める
  • ERCPまたはMRCP( いずれも膵管画像診断)で膵管の著明な拡張もしくは念珠状変化がある

このうちひとつ以上が認められた場合に早期慢性膵炎と診断することになっています。早期慢性膵炎は、飲酒歴がある男性に圧倒的に多く見られますが、飲酒歴のない女性でも見られることがあります。

意外にも飲酒歴のない若い女性にも多いのです。早期慢性膵炎の原因として、男性はアルコールと脂肪の摂りすぎが75 % で、女性の場合は50% が原因不明です。

女性の原因不明の中に感染性の膵炎がいると考えています。早期慢性膵炎と診断された方の膵臓の検査を行ったことがあります。腹腔鏡を使って組織を取る生検を行いました。電子顕微鏡で検査をすると、サイトメガロウィルスというウイルスが見つかりました。

感染性膵炎はあり得ると考えていました。ですから、若い女性でも膵炎があると考え、原因不明の持続的腹痛を訴える女性には、腹部超音波検査で膵管拡張が見つかれば、早期慢性膵炎と診断し治療して感謝されています。

日本膵臓学会の診断基準に該当する慢性膵炎は一生治りません。多くの臨床例でそれを知っているからこそ、早期診断で早く治してあげたいと努力しています。

腹部超音波検査で膵管拡張があるかどうか確認するには技術が必要です。腹部超音波専門の検査技師でも、私が認めた膵管拡張を見つけることができなかったくらいです。

そもそも消化器内科医で腹部の診察をしない医者が多いのです。現代医学は検査機器が発達したため、なにかとCT やMRIなどの検査機器に頼ろうとします。

しかし、膵管の拡張は腹部超音波検査でないとわかりません。これは大病院の医者も同様です。ひどい場合は、心療内科を受診しなさいといわれ、受診したものの一向に改善しないのでネットで検索する日々を送る人も多いのです。

【本当】心臓病の新薬は思ったより効果がない

心臓病を抑制するといわれる薬にスタチン系薬剤というものがあります。三共が開発したメバロチンが代表的です。一般名はプラバスタチンといいます。

新しいスタチン系薬剤も続々と開発されています。いずれも血中の脂質を改善する薬剤です。しかし、毎年のように新たなスタチン系薬剤が市場に出回っているにもかかわらず、脳卒中や心筋梗塞がなくならないのは、なぜでしょう。そもそもスタチン系薬剤には、劇的にそれらの病気を予防する効果が認められないからです。

つまり、脳卒中や心筋梗塞の原因は、血管の動脈硬化であり、血中の脂質には直接関係しないということです。

スタチン系薬剤で血中の脂質を改善しても、動脈硬化は改善しません。動脈硬化とは、動脈が硬くなる病気のことですが、近年、粥状動脈硬化症が心臓病の予後を左右するリスク要因であることが定説となりました。

すなわち、動脈内のプラークの存在の有無が、予後を左右するというわけです。スタチン系の薬剤では、プラークを改善させるというエビデンスはないのです。

もちろん、プラークの発生を予防するというエビデンスもありません。ではなぜ、医者たちはスタチン系薬剤を処方し続けるのでしょうか。LDLコレステロールを改善すれば、合併症は予防できるという仮説に基づいて、処方しているだけでしょう。

動脈硬化を防ぐ定番の EPA の10倍も多い「マンボウの肝油」