ジャック ダニエル バーボン でない [本当]

ジャック ダニエル バーボン でない というと??となる人も多いのですが、本当です。

ジャック ダニエル バーボン でない

ジャック ダニエル バーボン でない

ジャック ダニエル バーボン でない

「 ジャック ダニエル 」 といえば、日本ではバーボン・ウィスキーの代表格のようにいわれるが、そのボトルをよくみると、じつは 「 テネシー ウィスキー 」 と表示されています。というのは、この ジャック ダニエル  たしかにトウモロコシを原料にしているものの、貯蔵の方法がいわゆるバーボン・ウイスキーとは異なっているからです。

しかしバーボンは樫の木の樽で貯蔵することになっているのですが、ジャック ダニエル の場合は、テネシー高地産のサトウカエデでつくった木炭をつめた樽に入れてろ過しています。

そして、そのあとで、ホワイト・オークの樽に移し、あらためて本格的な熟成にはいります。

この過程のなかから、あのチャコール メロン と呼ばれる独特の味と香りが生まれているのです。

ジャック ダニエル の工場があるテネシー州リンチバーグという町にとって、酒づくりは古くからの地場産業であり、いまでも町の住民の多くはウイスキー工場で働いています。

しかし、そのいっぽうで、驚くことにこの町には、あの悪評高い禁酒法が今もなお生き続けているのです。

たしかにこの町には、酒屋や飲み屋が一切ありません。ジャック ダニエル 直営のレストランでさえもジャックダニエルをはじめとしたアルコール類は一切まった販売されていません。

お酒が飲みたくなったら隣町まで出かけているのです。

お酒

低気圧 体調不良 になる [本当]

低気圧 体調不良 になるのは本当です。低気圧が近づくと頭痛やめまい、関節痛など持病や古傷が痛むことを言います。台風が近づくとなんだか頭痛などで痛み止めを飲む回数が多い…それは思い込みではないかも知れません。

低気圧 体調不良 になる

低気圧 体調不良

低気圧 体調不良

台風や低気圧が近づいてくると、頭痛や関節痛、古傷の痛み、うつ症状など身体の調子が悪くなる人がいます。なかでももっとも多い症状が、ズキズキと脈打つような痛みが特徴の偏頭痛です。
片頭痛について症状についてはこちら

このように、気圧や気温、湿度の変化など天候の影響で体調が悪くなる症状は「気象病」と呼ばれています。

気象病がなぜ起きるのか、そのメカニズムについては、まだはっきりわかっていないものの、次のような説があります。

気圧が低下すると体内で炎症を起こしたり、血管の拡張や透過性を増加させる作用のあるヒスタミンの分泌が増加。このヒスタミンにより、脳血管が拡張すると、周囲の神経を圧迫するため頭痛が起きます。血管の透過性が増すと、血管内から水分が出やすくなり、むくみが起きやすくなります。

むくみは古傷の痛みや頭痛の原因になります。また、気圧や気温の急激な変化により、自律神経に乱れが生じることがあります。

交感神経は血管を収縮させ血圧を高くし、反対に副交感神経は血管を拡張させ血圧を低くすします。

そして、これらふたつの自律神経のバランスが崩れると、血管が過剰に収縮したり、拡張することで頭痛などが生じやすくなります。

さらに、気圧や気温の急激な変化は身体にストレスを与えます。その結果、ストレスホルモンであるコルチゾールなどの分泌が増加し、血圧や血糖値を上昇させることも身体の調子が悪くなる原因です。

健康

植物性食品 85 動物性食品 15 の割合いが ガンをよせつけない

植物性食品 85 動物性食品 15 の割合いが ガンをよせつけない食習慣です。現代人は、どうしても動物性食品の比率が大きくなりがちですので、注意しなければいけません。ガンは2人に1人が罹患する時代ですから毎日の食事もしっかり考えなければいけません。

植物性食品 85 動物性食品 15

植物性食品 85 動物性食品 15

植物性食品 85 動物性食品 15

ガンをよせつけない食事健康法は、植物性食品と動物性食品の摂取の割合を、85%:15%が理想とされています。

植物性食品のなかには、主食である穀類(未精製の玄米、全粒粉のパンなど) も含まれますが、一般の人の食事よりも野菜や果物の量が圧倒的に多いことがイメージできるでしょう。

じつはこうした植物性食品主体の食事が腸をキレイにするだけでなく、ガンの予防にもつながってくるのです。

もちろん、食事の内容以外にも、心身にたまった様々なストレスがフリーラジカルの発生源になっていることは確かでしょう。

不安や心配事、イライラなど、心身に過度のストレスをため込まないことが重要であることはいうまでもありませんが、精神的なストレスはその人の気質や生き方にも関係してくるので、なかなか理屈通りにいかない面があるのも事実です。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) は大学病院で発がんを強力に抑制し、ガンの痛み・進行を防ぐと実証

たとえば、近年、うつ病や統合失調症などの精神疾患に悩まされている人が増えていますが、精神科や心療内科でなかなか完治できないでいるのは、1つには心というコントロールの難しい領域を扱っているからにほかなりません。「ゆっくり睡眠をとる」「適度な運動をする」「家族や友人とのコミュニケーションを増やす」といった努力も大切ですが、ストレスで疲弊してしまっているのは心だけではないのです。

食事の重要性を認識し、腸をキレイにする食事法を取り入れれば、まず体のストレスが緩和していきます。体が元気になることで、心も自然と元気になっていくのです。

抗うつ剤などの薬剤に頼ることより、「食べた物が血となり肉となる」という事実を理解することのほうが、ずっと大事なことだといえます。

もちろんこれは「食事によってガンを癒す」という考え方にもつながってきます。毎日の食事は、私たちの移ろいゆく心と比べたらはるかにコントロールしやすいものです。

まず、食べるものを変えることで肉体にかかるストレスを軽減させる。それが、心理的なストレスの軽減にもつながり、心身が安定していく。

こうした体と心の関係性をまずしっかりと認識するようにします。具体的な「食べ方」については、ガンのような病気にかかるということは、これまでの生き方、食べ方を根本から見つめ直し、新しく生まれ変わるチャンスにもなると考えています。

ガンは原因があって生まれるものですから、まず、その原因がどこにあるのかを自分自身に問うてみることです。現代の医療のようにガン細胞を「悪」と見なし、それを叩くことばかり考えていたら、肝心のところに意識が向かいません。

生き方というと漠然としてしまいますが、食事にポイントを絞れば、何が問題なのかが把握しやすくなりませんか〜食べることを変えていけば、結果として生き方も考え方も変わっていきます。

「食べる」という毎日必ず行っていることが、1つの突破口になりうるのです。できれば症状が現れてしまう前に、この突破口を開き、肉体的なストレスを軽減させるようつとめます。

フリーラジカルがたまりにくい食事をすることが、「ガンにならない生き方」の第一歩になるはずです。もちろん、すでにガンにかかっている人にとっても、症状を改善させる有効な方法の1つであることはいうまでもありません。

ガン