【本当】セカンドピニオンの意見もほとんど同じ

最近は、どの病院でもセカンドオピニオンについての記載があるところが増えました。たとえば、がんと告知されて、主治医から説明を受けたとします。それで納得すればいいのですが、納得できない場合、他の医者に診てもらうことになります。

これがセカンドオピニオンです。しかし、標準治療(保険診療)を行うがん専門医は、どの病院でも(国立がん研究センター でもがん研有明でも大学病院でも県立がんセンターでも) 金太郎飴のように、判で押したごとく同じ意見しか返ってきません。

これでは、セカンドオピニオンを求めても意味がありません。セカンドオピニオンというからには、保険外診療である先端医療と標準治療を組み合わせて従来とはまったく異なる治療法の提案がなされなければ意味がないのです。

インフォームド・コンセントの建前と事実 – 「診察編」Q&A形式 医療
https://speed-pc.info/qa/2019/03/post-4.html

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください